2018/09/23

『item』 ORCA COOLERS REALTREE MAX 5 CAMO PODSTER  オルカポッドスター ソフトクーラーバッグの最高峰

今年の夏は猛暑が続き外へ出かけるときにはタフなクーラーバッグとタンブラーが必需品でした。

そしてついにたどり着いた夏のベストパートナー(大げさかな)

今年購入したアウトドアギア、今まで使用してきたキャンプ道具の中で最優秀ギア。

購入して良かったアイテムNO,1モノです。

それがこちらのオルカポッドスターソフトクーラーバッグ。



オルカセットで見た目も能力も大満足


内容量は3.5ガロン。


前にUSAサイトyoutubeでのクーラーボックス性能比べの動画を見てからずーっと気になっていたメーカーがこのオルカクーラーです。


バッグの容量は人それぞれ持ち物で異なりますが、ソロまたはデュオのワンデイトリップ位なら保冷剤適度に入れて飲み物や食料も詰め込めるサイズ。


ファミリーはピクニック程度にしか入りませんが・・・。


森の中で落としたら消して見つける事が出来ないリアルツリーつながりでリティック30Ozと一緒に




こいつの良いところ



①.バックパックとして背負えるのでどこへでも連れて行かれて見た目もスタイリッシュ。



②.外面素材と内部素材は異なるハイスペック素材を使用している。

内部は肉厚な壁で高い断熱性。

Whitewater craftで使用される超音波RF溶接。



③.ドイツTIZIPマスターシール#10・・・

このジッパー仕様のクーラーバッグは現時点ではオルカジャパンでも取り扱っていない様でこれが他のバッグと異なりかなり強力。子供や非力な女性では開閉不可能です。開閉すると冷気を逃がさない感が半端なく体感出来ます。













ヘリノックスのHello My name is Patchにキャンプサイドディッシュのステッカーを貼り付けマジックテープベースにペタンコ!





そしてこのグリーンのキャリーも実はおすすめしたい一品。


少し思いが頑丈で少しの階段なら対応できるし荒地や砂利道でもイケイケなキャプテンスタッグのワイド タイヤキャリーです。


おばあちゃんのカートの様に自立します。




何とも青空に映えるコンビです。


両サイドに持ち手完備で少々重量物でも二人持ち可能です。


到着の荷姿はこの様な専用ダンボールで送られて来ました。



開けてみるともちろんシンデレラフィットでビニールに入って。




お得意のステッカーも簡単な商品紹介、説明も同梱。



ループが沢山。

ロープやカラビナで色々なアウトドア道具、アウトドア小物を引っ掛けてバッグの壁を彩る事が出来る。




上蓋を見てもタフな感じ。

座れる程ではないがテーブルにはなるある程度の強度。




飲み物等ぎっしり入れればそこそこの重量になる為ある程度肉厚でクッション性もありしっかりとしたショルダーストラップです。

背中に当たる部分は型押しのパットが付いています。




ショルダーストラップにはロゴマークとギアループ。




ジップトップも可愛い尾びれ型で全体的に強度が◎

唯一のメリットにもとれるしデメリットとも言えるのがこのジッパーでかなり強度があり開閉するのに力が要る。

特にカーブのキツイ最初と最後の重要な場所は子供の力では開閉できない程。

我が家の嫁さんも開けるときは私に頼みに来るほど強力です。




ドレンも付いています。

直で氷を入れる外国では水抜きの為必須かも。




他と比べても肉厚で詰め物も固めです。


オルカファン元年です・・・。



You might find things you want in the CSD! !

↓↓↓

2018/09/09

『item』 グループキャンプでのテント内マイスペースのあれこれ

川沿い野営キャンプのテント内風景。

各々どの様にスペースを使い、持ちギアの配置など画像があったので並べてあれこれ書いてみようと思います。


と言ってもコットの周りに何がどんな形で置いてあるかってだけですが・・・

ほぼほぼ毎回変わらない痒い所に手が届く仕様なのです。

まずはオールウエザーブランケットを敷きその上にHelinox(ヘリノックス)のライトコットを寝床に。

グランドシートにオールウエザーブランケットを敷いているがこれを風よけタープに使用していた時期がありハトメから伸びるロープでテンションをかけまくっていて「ちぎれるから優しくね」と怒られた事を思い出す・・・。

枕はスタッフバックに着替えを詰めたモノでコットの上にはN-rit スーパードライタオルを。

このコットの上に広げたイエローのスーパードライタオルが夏の暑いアウトドアライフでタオル系では一番の使い心地だと言う。

ピローはどこかで見た気がするがドライバッグにソフト系をin。

かなりライト&ファストですっきりスタイルな仕上がりに見えます。





こちらは共に激安シリーズの使える優秀アウトドアギアに私的には入っています。

しかしケシュアのこのコットは設営してしまえばそこそこ寝心地は良いのだがとにかく設営と收納にパワーが必要。

本来このコットは脚が5本あるのですが疲れるので真ん中と両サイドの3本しか付けません。

ちなみに足の素材はスチールです。

このときはバッグに入っていたので全て広げてみたのでコットの上にビッグアグネスのエアーパッドを膨らませるうつ伏せ快適仕様。

またその上にTHERMAREST(サーマレスト) リッジレストソーライトを敷きこすれ+音も安心。

枕はプロモンテのピローとチョイ寒時の極薄化繊毛布。


















写真上はまた別の日の画像ですがライトコット マルチカモのチェアワンをベットサイドチェアーに。

テーブル上には即席常連のJETBOILが常連さん。

エンジのクーラーはコストコで購入可能なclever madeのソフト。

ワンデイソロなら十分で使い勝手も◎。




上写真はみんな大好きステッカー張り放題コンテナに雑品詰め込んでソロローテーブル上にオルカのバッグクーラー。

アルコールウエットティッシュは水場が無い場所での必需品。




上記画像は今シーズン2度目の合同キャンプのフレンドスペース。

ハイランダーGIアルミコットサーマレストZライトでやはりみんな大好きコンテナにたくさんの雑品が。

クーラーはコールマンのエクストリーム系で一晩持てばOK仕様。

GIアルミコットの上にはスノーピーク(snow peak)のマナイタセットが置いてあるので料理する気満々が決定されています(笑)

こんな感じがいつものスタイル。

本当に寝るとき以外はコットは放置でお外で焚火を。

このでかいタープが張れる場所があればどこでも野営します!!



2018/09/01

『BBQ』 一人用BBQグリルで! お庭ソロバーベキュー 

本日ファミリー不在の為一人で勝手に食材をチョイスしガーデンソロBBQを実行!


これがほんとのドアトゥードアでセッティングもかなり容易でまとまりがある。

無駄なものは一切出さないスタイルです。

こんなキャンプを目指していますが・・・。

用意したのは下の通り。

ピンクのオウムの止まり板で冬キャンプにて使用する薪ストーブの煙突トンネルパネルをテーブルに。

持ちギアでお気に入り上位のオルカ27Ozタンブラー。

愛着底知らず、かわいい相棒のチョイ昔激安だったソログリルNorth Eagle(ノースイーグル) ミニBBQsolo

備長炭を隙間なく敷き詰め

このお一人様様用グリルがかなり使える。

愛着があり毎回使用後は清掃しメンテナンスをかかしていないので現在も側面はある程度ピカピカです。




そして火付けにはキャンパーの皆さんが多く愛用されている スライドガスマッチではなく私はソト(SOTO) ポケトーチを家では使用しています。

庭ソロならこれだけ準備すればOKと推測。

ちなみ黄色の灰皿はひと昔に流行った?

かわからないですが自作の使用済みプリムスGAS CARTRIDGEを使用したリサイクルアッシュトレー。

そして辺りもっ暗くなったのでUNIFLAMEのファイアグリルの上にこれまたAmazonで少し前に激安だった火おこし兼用火消しつぼに前回消した備長炭に今やコンビニでも扱っている文化たきつけを投入。

う~ん。楽チン!!


















10分ほど放置し炭に火が付いたところでミニグリルへ移動。

数種類のお肉、どうしても醤油で焼きたかったトウモロコシ、エシャロットにソーセージ数本の食材をキッチンから持ち込んで。

こんなにきちんとしてるの初めてかも・・・。




ここに座ったらもう最後まで立ち上がらない予定です。

お米ももちろん食べたいのでカマで炊いたものを持ってきて。

支度が完全に整ったので肉を焼き始めると何やら中から・・・

えっっ??

子供たちが居る??

結局半分以上子供たちに焼き残りのお肉とトウモロコシと
エシャロットをかじって一服してお片付けでした。

次回は秋の夜長を満喫できれば良いなと思います・・・。







You might find things you want in the CSD! !

↓↓↓

2018/08/13

『item』 RITIC 32OZ Double Wall Vacuum Insulated Bottle ステンレスダブルウォールボトル 

夏のアウトドアにあったら本当に助かるのが冷たい水分。


その水分を冷たいまま外へ持ち出せる強い味方。

リティックのダブルウォールステンレスボトルです。




こいつ自体が保冷保温してくれるのでクーラーボックスには入れずに持ち歩ける。

テーブルや車に置きっぱなしでもある一日位なら最後まで冷たくキンキンでいただけます。

そしてほかではあまり見ないこの形。

非常に持ちやすそうに見えます。

構造はダブルウォールで真空仕様です。

なので保冷、保温能力は高めです。

特徴は蓋の飲み口の直系の大きさが良い所で大き目の氷がそのまま入れられます。

重量はしっかりした造りなのでやや重めですがカバンに入れて常に持ち歩くわけではないなら全然許容範囲です。



トレードマークのくまちゃんマーク。

このくびれラインに魅了され購入しました。

 キャップは顔が映るレベルの鏡面仕上げクラス

















もちろんラバー部分はナルゲンボトルのように取り外し可能です。

外気温35度で朝から夕方まで車に乗ったり下りたりしながら8時間で使用した時、

朝入れた氷は夕方にはありませんでしたが中は事務処理が終わる夜までキンキンに冷えていました。




そしてこちらはついでに一緒に購入しましたが蓋の径が合わずに宙ぶらりんのアイテム。

合わせ買いに誘われてつられて確認もせず購入してしまいました。

これに合ったボディーが欲しくなってしまい今ひ必死で悩んでいます。


You might find things you want in the CSD! !

↓↓↓

2018/08/05

『item』 Mosquito Killer Camping Lamp 蚊取り 虫よけランタン LED

 夏のキャンプ、アウトドアの嫌な所を気分的に解消してくれるアウトドア道具。



虫嫌いキャンパーやこれからアウトドアを始める方でまず最初に思い浮かぶのは自然の中での虫との遭遇ですよね。



特に蚊は子供たちや女性の大敵で出来れば刺される前に対処したい所です。




そんな蚊に刺されを気にしている人にはこんなLEDランタンはいかがでしょう。



タイトルではモスキートキラーと怖めなネーミングですが・・・。

日本でも今年から量販店で取り扱い販売しているところが多いアウトドアギア。

この時期アウトドアショップへ行くと見かける機会も多いはずです。 


LEDランタン単品としては光量は少し弱めですが画像ではうすいオレンジですが実際は青白く光る虫退治ランタンです。




かなり虫をおびき寄せてやっつけてくれる見た目です。

虫がライトに接触するとバチバチと音がすると思い込んでいましたが全く音はせず気付かぬうちに中で動けなくなっています。

面積を考えるとコールマン等の大型ガソリンランタンのグローブ内に集まる虫の数よこちLEDランタンに集まる虫の数の方が多く感じます。















とは言えこの蚊取り線香が夏を感じさせてくれるのは日本人なら私だけではないはずです。

なので必ず常備薬として装備しています。




最近は色々とオシャレに彩っている方も多いいですがCSD的にはソリッドステークに針金の男汁スタイルです・・・。



今年は特にキャンプ場でのマムシやヒル、イノシシ等、色々な動物の情報を沢山経験者の方に聞きました。

皆さんも管理されているキャンプ場や大自然の中での野営は特に虫や動物に注意して情報収集してからトライしましょう!





You might find things you want in the CSD! !

↓↓↓