2016/11/22

『item』 イワタニプリムスガスカートリッジも衣替え!250Gから250Uへ

季節感が日毎変わる11月

アウトドアやキャンプに行く時の装備も天気予報次第で

ガラリと変わったりして少しお出かけ時の荷物が多くなる季節

寒いか暖かいか、雨なのか、風は強いのか。

前日まで装備が整わないこの季節。

やはり防寒と同等の重要性を持つガスカートリッジ。


私はプリムスを使用しています。

大抵の場合トランギアのストームクッカーにトランギアの

イワタニプリムス製バーナーを使用しているので。

プリムスには三段階の気温で燃料内容が異なるガスカートリッジが

販売されていますが、私はその中の2種類を普段からストックしています。


まずは上記画像左側、普段使いのプリムスノーマルガス250G

温暖な時期や低地での使用に適した一般用ガスです。

ブタンガス(ノルマルブタン約65%、イソブタン約33%、他)

その間に画像にはありませんが平地のオールシーズン的存在の

ハイパワーガス250Tが存在します。

ちなみに内容はブタンガス約75%、プロパンガス約25%で

少しプロパンが入っているので寒さにも

強く火力も強力ですが雪上ではNGですね。


そして画像右側が市販品の上位ガスカートリッジの250U。

コイツを持っていれば大抵の場所は問題ないのではないのでしょうか。

冬季、高山のエクストリーム仕様でプリムス最強のガスですね。

気化温度が-42度のプロパン30%、気化温度が-11度の

イソブタン70%が配合されています。

ちなみに私は液化石油ガスの設備士等ガス関係の

資格を持っているのでこの辺の配合量が気になってしまいます。


word ba S

  
「アウトドア好きの方!興味ある方!よければメッセージお待してます!」



アウトドア(全般) ブログランキングへ


BlogPeople「スポーツ・車・アウトドア」ブログランキング

2016/11/20

『item』 REIマウンテンブーツにマグカップ

気温、湿度はちょうど良く太陽が元気な日は

お気に入りのギアを持って出かけたくなります。


私の場合はこのセット。


コンパクトアルミトライポット。

最近ソールの修理をしたREIのマウンテンブーツ。


同じくREIのフタ付きマグカップ。

そこ面のラバーが滑り止めになっていてこの取っ手の

形状と大きさが調度良く飲みやすい。

REIのロゴが大好きです。


デイキャンプやピクニックの時はナルゲングローボトル1リットルに入れた水

挽きたてのコーヒーをユニフレームコーヒーバネットにそそげば

至福の一時の出来上がりですね。



word by S


「アウトドア好きの方!興味ある方!よければメッセージお待してます!」



アウトドア(全般) ブログランキングへ


BlogPeople「スポーツ・車・アウトドア」ブログランキング

2016/11/19

『item』 NITEIZE(ナイトアイズ) ギアータイ クリップ&ツイスト24インチとUCOのスペアキャンドル

ご近所のスポーツ量販店へ子供のサッカー道具を新調しに行くと

店内が衣替え完了な空気

奥の奥、一番奥に追いやられたアウトドアコーナー

気を抜いていたらスルーしてしまいそうな程極小スペースに

何やら目を引くシールが貼られた商品がちらほら

近くまで行ってそのアイテムを手に取るとまずは持ってて

安心のUCOのスペアキャンドル30%オフなり

今すぐ必要ではないが30%割引ならと取り敢えず購入

もう1つはこれまたよくありがちなレジ横の回転式小物ディスプレイに

         色々な大きさのNITEIZE商品が吊るしてあった

大は小をカネルという事でNITEIZEギアータイ クリップ&ツイスト24インチを購入


今すぐ使うギアではないが、30%offで私は心を鷲掴みにされてしまう

自分がスゴク日頃我慢しているんだなぁ  と思う瞬間

こういうサプライズ的な出会いがあるとその店を頻繁に

チェックしたくなりますよね


Shiba made it


「アウトドア好きの方!興味ある方!よければメッセージお待してます!」



アウトドア(全般) ブログランキングへ


BlogPeople「スポーツ・車・アウトドア」ブログランキング

2016/11/17

『item』 冬のキャンプの暖とりにnalgene(ナルゲン) 広口1L シリコンケース

春夏秋冬問わず活躍するギアといえばナルゲンボトル
そいつを包むnalgeneのシリコンケースを購入しました。

ネーミングはそのまんまで1リットル向けのアイテム

1.5リットル向けは無いのかな


お馴染みのロゴマークが加工されています

素材はそのまんまシリコンなので結構なストレッチ具合


このとおり調度1リットルサイズですね


はめる時は少しイラっとしますが以外にナルゲンボトル自体の

デザインも不透明ながら下画像位は確認出来ます

雰囲気が少し変わり全く別物のボトルに見えます


夏場は冷たい飲み物に汗をかかない様にカバー

これからの寒い季節は熱湯やお茶を入れても直接持る温度

巻ストや暖房の無いキャンプが多い寒い真冬キャンプ時には

湯たんぽとして今までは裸のボトルに熱湯を入れてシュラフに

2~3本入れていましたがこのシリコンケースに入れておけば

熱湯が人肌に優しく適温になります


ボトムにはエアー抜き穴が空いていて脱着を容易にさせる意図が

この穴がなければかなり脱着はきついはず


オプション的な用途としてLEDのヘッドランプを中に入れて

ランタングシェードとしても優しい明かりがつくれます

まんべんなくてらせていない画像ですが・・・


UCOのキャンドルランタンがサイズもいけるかな

なんてさすがに本物の火を入れてしまうと・・・




You might find things you want in the CSD! !

↓↓↓