2017/04/30

『camp』 G.W後半 今宵は屋根だけあれば十分です 老舗の地べたスタイル

どことなく寂しい感じが漂うゴールデンウィーク後半

しかし夜が調度良い気温になる最高なこの季節

とある川沿いでの夜業です

180センチ程の2つのポールに軽トラ荷台シートを左右から

立てかけた簡易的な屋根の下でこの連休の一時を過ごす

この軽トラ荷台シートがお手頃価格の割にクオリティーが高く

かなりお気に入りのギアの一つに入っていて

私は2つ購入し必ず1つはお出かけ時に携行しています



アマゾンサイトから抜粋した商品スペックは下記の通りです

適合車種:軽トラック
ハトメピッチ(cm):55×67
付属バンド(本):10
幅×長さ(mm×m):1740×2.1
引張強度:縦554N/5cm、横488N/5cm
引裂伸度:縦110N、横99N
伸度:縦21.4%、横18.9%

本当にソロには調度良い大きさとブルーシートにはない

丈夫さが気にいています

なによりソロ用のタープをメーカーもので購入する事を

考えればかなりのローコストです


話は戻りグランドは長めの芝で調度良く大きな岩の

センターにサイトを構えればその大岩が蹴っても座っても

ビクともしないイスまたはテーブルになる


この日はシュラフは持たずにど定番のマットのみ持参でした


Zライトソルシルバー/レモンのみでお菓子を食べながら

アウトドア談義に花を咲かせマットの上で朝方までころころしてました

キャンプサイドディッシュ

「アウトドア好きの方!興味ある方!よければメッセージお待してます!キャンプサイドディッシュ」



アウトドア(全般) ブログランキングへ

BlogPeople「スポーツ・車・アウトドア」ブログランキング

『item』 次のクーラーボックスはこれじゃない? ORCA coolers

クーラーボックスは今まで
YETI(イエティ)クーラーボックスローディ
PELICANのエリートクーラー辺りが最強かな?
 
と思っていましたがこんな動画を発見しました。
 
 
氷満載で5日間の経過状態を比較した動画みたいですね。
 
そうそうたるクーラーボックスが並ぶ中で、、、
 













 すごいですな、ORCA Extra Heavy Duty Cooler!!
 
 
 
あれ?
YETIどーしたの?って感じに
見えちゃいますね。
 
はたまたガスカートリッジ使用のDometicのRC1602EGCかな? 
 
 

You might find things you want in the CSD! !

↓↓↓

『solo camp』 川沿いキャンプソロキャンプ 即席自作グリルとナルゲン調味料入れ総集合

人気のほとんど無いとある川沿いの場所に着地

辺りは真っ暗で聞こえるのは川の流れの音のみ

昼に下見をしていたので大体の感覚はわかっていましたが

ライトで川を照らすと膝程度の深さのクリアな水が流れている


そんな心地よい流れの隣に場所をとる


まるで海岸の砂地の様なグランドと小さめの岩場が所々にある

そんな場所でギアを広げてみる

ひと昔前のシンプルなSTREAM TRAILのドライバックに詰め込んだ道具を広げると本日の火遊び道具はトランギアではなくMSRのポケットロケットをチョイス

コップは何種類ストックしているかもはや把握していないDINEXのマグカップ

今回は軽量地べたスタイルなのでかなり使い込んでいるモンベルのトレールクッション


小さめの岩をテーブルにしてポケロケに旧ロゴPRIMUSライテックトレックケトルを乗せてお湯沸かし


以外に気に入っているチタンのスプーンフォーク(SEA TO SUMMITスポーク)をブル下げて待機


奥では現地調達材で焚火を


ナルゲンのLEDボトルキャップの光と焚火の光で実際はこの様な雰囲気

伝わらないかな??


岩テーブルの食卓

大活躍の各種nalgeneボトル調味料入れにゴマ油やサラダ油、オリーブ等を

チタンの中皿と使用済みガスカートリッジをぶった切りコンパクトグリル

ダイソーの網を乗せて焚火から小さめの炭を取り出し投入

これがまた面白いグリルで自作ならではの愛着

がんばれがんばれと応援したくなる働きぶり

お湯はなかなか沸かず諦めましたが・・・

もちろん見た目が悪いのでこの一回きりの使用予定ですが


短いポールをトライポッドにしてUCOキャンドルランタンをひっかける

テントはノースのモノフレームフルメッシュテントキャニオンランドをチョイス

正に夏仕様






『item』 アウトドアのグリーン 系コーディネート

気づけば緑が多い

テント、ピロー、シュラフ、モンスター!?

ナルゲンもグリーンのグローを置いておけばパーフェクトだったのに・・

特にカラーへのこだわりは少ない方ですが芝生も援護して

なんだか軍仕様みたいになってます


次の購入アイテムはもう少し明るいカラーを選ぼっと


「アウトドア好きの方!興味ある方!よければメッセージお待してます!」



アウトドア(全般) ブログランキングへ

BlogPeople「スポーツ・車・アウトドア」ブログランキング

『item』 ユニフレーム (UNIFLAME) ・ファイアグリルの15年後  + 思い出

このグリルがOUTDOOR人生で最初に購入したアウトドアメーカーの

バーベキュー台でした

そして室内で丁寧に保管することは一度もなく

メンテナンスは完全にフリー状態で5年ほど前に少し水拭きした程度

今の家に住んで早11年になります

もちろんその時に相棒のこいつも一緒に実家から連れてきた

我が家には息子と娘が居るがその2人よりも前から庭に鎮座

嫁さんとはかれこれ18~19年一緒に居て

その嫁さんはお父さんと共にキャンプをして育った

なので20年前は嫁さんと二人でこいつと共に

色々なキャンプ場へ出かけた思い出の品


このグリルはステンレス製で錆びにくく、スタイルはシンプルで

耐荷重20キロとダッチオーブンを乗せる事前提な感じ(言い過ぎ?)

アウトドアキャンピング・バーベキューのグリル言えば

スノピと人気を二分する国産メーカーで共に

made from鉄の街

スノーピーク焚火台 Mユニフレームファイアグリルとの違いは

まずファイアグリルの方が自重が軽い

そしてデザイン・スタイル重視の方には当てはまらないが

わたし的にはコストパフォーマンスはもちろんのファイアグリル方が上

そして組立安さとシンプルな構造の中にも四隅の少し間隔の開いた

空気穴等ユニフレームの色々な技術が濃縮されています

現在ではオプションもいくつかあり換えの網や底網(ロストル)

アマゾンで購入できる(私のロストルは20年戦士ですがw)

飽きのこないデザイン(無骨)で丈夫・頑丈

これが壊れることは無いが、もし紛失して

次を購入するとしてもこの子を購入したい

なんか愛の告白の様になってしまいましたが・・・




 campsidedish
キャンプサイドディッシュ

「アウトドア好きの方!興味ある方!よければメッセージお待してます!」



アウトドア(全般) ブログランキングへ

BlogPeople「スポーツ・車・アウトドア」ブログランキング