2017/11/25

『item』 トランギア ストームクッカー

かれこれ10年以上は使用しているtrangiaストームクッカーS

何といっても風に強くソロキャンプならこれ1セット有れば大抵の料理は出来る。

本格料理派のソロキャンパーならその良さに魅了されるはず間違いなしのこのストームクッカーもプロの料理人に任せるとこの様に激しくいたぶられ年季の入った物に。

ハードアノダイズド加工されたストームクッカーもあるが私のはアルミ製なので軽量です。
そしてなこの様な見た目に・・・。




私は良く言えば皮革製品に良くあるエイジング??なんて感じに捉えています。

良くも悪くもイイね!なんて言われますが一番のお気に入りクッカーです。



You might find things you want in the CSD! !

↓↓↓

2017/11/23

『item』 REI カップでコーヒー

このひと時がたまらない。

REIのフタ付きカップでドリップコーヒーを。

本当はGSIのジャバミルで豆から挽いてフレッシュに味わいたいが本日時間が許さなかったのでこちらで。




最近なかなかUNIFLAMEのコーヒーバネットを使う機会がなくて寂しい限りです。

年の瀬間近でお忙しいお父さんキャンパーの宿命でしょうか。

よし!年末の僅かな休みで貸切キャンプするぞぉ~!!

と意気込む今日この頃です。




You might find things you want in the CSD! !

↓↓↓

2017/11/15

『Others』 AIGLE EGG 展示会?斬新な冬モノ広告 

スポーツオーソリティーの前から遠目で見ると一見タバート社のエッグ??

と思いましたが近寄るとど派手なMiniに牽引されているAIGLEのショウケースでした。


どでかいグレーにウッドデッキでクラシックな見た目にどでかいレインブーツを乗せて。

まさにどこかのメーカーのお株を奪いに行く気満々。

このエーグルレインブーツの存在感は雪降る季節の前、この時期、今が旬。


ガラス張りのキャビンの中はエーグルのショウケースとなっていました。

なんとGoodなアイディア。

この見た目ならなんだろぉ?と見に行ってしまいますね。

中身はかなり見にくいが宣伝効果抜群


と言いながら見た目に誘われて紹介しましたが自身は一つもエーグル商品を所持しておりません。


いつかは我が家の駐車場にけん引型のキャンピングカーを停められますように。





camp side dish まっさんプロフィールへ

camp side dish しばプロフィールへ


 CAMP SIDE DISH



2017/11/13

『tent』 小川キャンパル(OGAWA CAMPAL) テント ティエラ5-EX 広々ファミリーテント 2ルーム

¥  159,840 (税込)

高いと感じるか安いと感じるかはあなた次第!




最近あは高額テントが多くその分幕自体のクオリティーもグングン上がっています。

ティエラ5の生地・フレームをスペックアップし換気機能もさらに向上させたエクセレントモデルのこのティエラ5-EX




ティエラ5-EXは前後フラップ、後面出入口には大型メッシュパネルはもちろん、両側面の出入口 出入口にはアウトサイドメッシュパネルを装備で日差しのカットや虫除け対策ができ快適に使える。

さらにフラップ下部には途中巻止め式の空気取り入れ機能を装備。

張綱 側面6ヵ所にY字形の張綱を装備。

風に対する強度を高めました。

定番のUVカット加工、テフロン加工、シームシールと張り綱の弾き方での耐風性アップと。

進化してますね。

しかも見えない所が。




20年前は¥48,000!!4人用、ドームテントでフラップ付き!!

なんてイメージでしたが・・・

その昔インナーボトムの耐水圧数値でユニフレームと競い合っていた頃から好きでした。

若かれし私の考えですと当時はファミリーテントにするなら耐水圧20,000mm以上が絶対条件でした(笑)

表記変わっちゃいましたけどね。


やっぱりファミリーのグランドはPVCで決まり(笑)

ちなみに私の20年前位の保有テントはLL.Beanやノースフェースでした。

国内メーカーのテントを購入する事が当時しばらく無かったのでその出来の差は歴然だった気がします。

小川のテントはかなり昔から作りが良いイメージです。

本当に品質が良い。

比べてる他メーカーは何処とは言いませんが・・・

色々な場所で展示しているテントを今まで見てきたがバランスが良い。

素材上軽さやコンパクトさは望めませんがその様な希望が強いユーザーはターゲットではないでしょうから。

特にこの ティエラにも言えるが生地の質感や縫製レベルで作り込みの良さがわかります。




そしてこの飽きのこないカラーリングですね。

サンドxレッドxブラウン

永遠のカラーリング。





そして

気になるスペックは

■重量
幕体:約14.2kg、ポール:約6.5kg

こんなもんでしょう。



■素材
フライ:ポリエステル210d(耐水圧1,800mm)

内幕:ポリエステルリップストップ

グランドシート:PVC(耐水圧10,000mm以上)
(やっぱりこれ。以上という記載がミソです。)

ポール:6061アルミ合金
(強度高め)



■パッキング
76×40×40cm
(のサイズならそれなりです。)


■カラー
ブラウン×サンド×レッド
(飽きない!!)


■付属品
ライナーシート、セルフスタンディングテープ、張り出しポール、スチールピン、張綱、金づち、収納袋
(なんだかんだで非純正品に換えてしまいますね。)



You might find things you want in the CSD! !

↓↓↓

2017/11/04

『item』ヘッドライト milestone(マイルストーン) MS-B1+

milestone(マイルストーン) MS-B1+

闇に包まれたときに辺りを優しいオレンジ色の灯りで照らす

キャンプ行った時にはそんな灯りが落ち着きませんか?

手元や遠くがハッキリ見える白い光も備えてます

夜中にノドが乾いた時に水を探る時、同行者を起こさない赤い光も付いてます。


 
 
電池含んで96g重さはソコソコですが
 
なんとmicroUSBにて充電式!! 
 
手軽にチャージ可能です。

 



アジャスターストラップの調整もかなりし易く

サッと調整できて頭から首に垂らす時にも使いやすい。




気になるスペックは。。。

カラーCloud クラウド
モデルRechargable Model(リチャージブル・モデル)
使用光源ナチュラル ウォーム カラーLED
高輝度赤色LED×2(レッド LED)
高輝度白色LED×2(クールホワイト LED)
明るさ約250ルーメン
使用電池リチウムイオン電池1200mA内蔵
充電時間:約3.5時間
電池寿命約45時間(最小時)/ 約6時間(エコノミー)/ 約4時間(最大時)
防水機能IPX 5(防噴流型)
照射距離約80m
本体サイズ本体サイズ/約 幅60×高さ45×奥行38mm
本体質量約74g(電池内蔵)/ 約96g(ベルト込)
付属品USBケーブル
特徴充電式モデル
エコノミーモード
ワイド照射(120°)


非常に使いやすいヘッドライトでまったりと

静かな夜を過ごす時には傍らにあれば重宝

するアイテムと思います。