2017/08/31

『DAY』 北アルプス 大天井岳 2,922m




お盆ばんは

夏休みね
私、今年は返上と相成りましたが

如何お過ごしでしょうか


仲間から写真が届きました。


どうやら北アルプスのた大天井岳へ
行っているみたいです。


大天井岳は 2922m
昔、アルバイトですが
3年程夏を過ごした山です。


北アルプス一景色が良いと言っても
おかしくありません






これは夕方の景色ですね




You might find things you want in the CSD! !

↓↓↓

2017/08/25

『irie』 娘の習い事の合間に海でMSRバーナーとチルアウト

本日またまた娘の習い事にお付き合いで真鶴へ

待ち時間がちょっくらではないしそれなりの距離なので暇つぶしの準備を出る前から妄想してます。


しかも完全に行く場所は真鶴の琴ヶ浜と言う場所

相模湾の西方から中央~東側の街や海岸線の灯りをキレイに見られる場所。

月明かりがとてもキレイに水面に歪んだり。

この場所の一番のメリットは無料で停められる駐車場があり(10台ほど)トイレ、自動販売機もある。

トイレも割と綺麗です。

階段ですぐに海岸に降りられてそこは岩場になっており魚やカニを捕るファミリーやバーベキューをするグループ、はたまた本気系ダイバー??を日中は見る事が出来る。

その為、夏の昼間はほぼ車を停めることが出来ないと思います。


そんな場所で月に一回のこの機会を狙っています。

そして本日は初のnighttime

MSRのポケットロケットとナルゲングローボトルに水を入れカップヌードのルカレーを共に忍ばせたバックを車に積み込む

ちなみに今回はお得意コンパクトなリフィルではない・・・

しかしこのリフィルセットは最高だ。


時刻は19:00、まだ周りに何台か車が停まっているので少し様子見

周りを一服しながらお散歩するもまだお隣の車は帰ろうとしない。

そんなこんなで20分ほど時間を潰すともうお腹がすきすぎて行動に出る。

コールマンのチェアーをラゲッジルームから取り出す。

するといつの間にかプリムスガスにポケロケもセッティングしていた。


ナルゲンからプリムスのライテックトレックケトルに水を入れポケロケに火をつける

待つこと4~5分

蚊に10個所以上刺されながら沸騰したお湯をカップに注ぐ




※(全く今回の記事は画像がスマホなので撮れなかった・・・)

(順番もバラバラ・・・)

(とりあえずパノラマ画像を・・)

(ちなみに何枚かはHDR+で撮影してみたが夜間撮影なので全く違いがわからない・・・)




そしてライトを一切点けずにやっていたためお気に入りのT‐シャツがカレー色になっている事に気付いたのは家に到着してからだった・・・・

(´;ω;`)ウゥゥ






camp side dish まっさんプロフィールへ

camp side dish しばプロフィールへ
CAMP SIDE DISH       CAMP SIDE DISH        CAMP SIDE DISH



アウトドア(全般) ブログランキングへ

BlogPeople「スポーツ・車・アウトドア」ブログランキング

2017/08/19

『camp』 ちゃいパビで快適潮風海キャンプ

夏に入る少し前の浜辺キャンプの様子

少し風の強い夕方からの設営でしたがきちんと張れば快適な幕です

この日のスタメンは2人で後から泊まらない1人がご来場

有料道路の高架下で風は海風でたまに突風、雨は心配ご無用

ストロボ影するとこの様な外観になりました


ライトなし撮影だと中の様子が影でくっきりわかります


テントの中はこの様に片側サイドはしばスペース

コールマンのヒーリングチェアーアルミフォールディングテーブルの組み合わせ

今一番お気に入りのコールマンのヒーリングチェアーヘリノックスチェアワン
では背もたれが足りない、携行性は必要ないと言う時にベストな一品で開閉式でワンタッチでセットできるチェアーです

テーブルの上にはトランギアのストームクッカーSセットでした

大人だけの静かなテントの中は気化音のするガスやW/G燃料よりアルコール燃料の火元が良いかもしれないですね


テント内のライトは暖色系のライトが絶対外せないと言うまっさんのブラックダイヤモンドのモジチャージングステーションでした

You might find things you want in the CSD! !

↓↓↓

2017/08/15

『item』 新品薪ストーブ初投入 懐かし画像 in田代運動公園

田代運動公園でステンレス時計1型薪ストーブをファーストトライ!

と言う懐かしい画像が出てきました。

鏡の様なステンレスボディーにガラスで中の薪が見える扉

正に冬のキャンプにあったらいいなの薪スト入門機


配置は180センチポール2本にホームセンター等で手軽に購入できる軽トラック用のシートを左右に取り付けグランドにペグダウンするお手軽ヒッピースタイルで


まだ真冬ではなかったので薪ストを半分入れて煙突を出す

中はお馴染みのZライトリッジレストで地べたスタイル


真新しいガラスの中に映るオレンジ色の温かい光

誰もが取りつかれるすごく素敵な光景


徐々にボディーに焼きが入り曇り色から飴色に

このとき煙突からは煙が黙々と勢いよく放出され時計台の上は料理が出来る温度にまで上がっている




寒めの春秋コレクションな外観

これは近寄り難い雰囲気


真冬でなければ風向きを考えた配置でこのスタイルがかなりイージー

シューズも脱いで転がりながらおつまみでもどうでしょうか